HOME » 結婚相談所の裏事情 » 会員にさっさと成婚退会されては困る?

会員にさっさと成婚退会されては困る?

結婚

結婚相談所で成功報酬型のシステムを取り入れている場合

結婚が成立したときに成婚料が必要になります。

一般的には成婚という言葉を使う機会がありませんが結婚相談所においては頻繁に使用される言葉です。

成婚とは、結婚しようと思う相手を見つけてその相手のも結婚の意思がある状態を指します。

そうなると成婚退会といった形で結婚相談所を退会してもらうことになります。

成婚という言葉の文字だけを見れば、結婚を成し遂げたという風に取れますが、結婚相談所における成婚は、すぐに結婚することが決まり結婚した状態を指すのではありません。

今すぐ結婚するわけではなくとも近い将来に結婚することを前向きに考えた状態になることを言います。

もう少し詳しく具体的にあげてみると以下のような場合を言います。

  • 順調に交際が続き、既定の交際期限を迎えた段階で今後も結婚を前提とした付き合いを継続させる意志を互いに持っている場合
  • 婚約をした場合
  • 結婚の口約束をした場合
  • 宿泊を伴う旅行を行った場合
  • 婚前交渉を行った場合
  • 同棲を始めた場合

などです。結婚相談所とその当人同士との関係は、入籍したり結婚式を挙げるところまでは続けずに結婚の意思を確認しあったところまでで終了です。

万が一、結婚相談所を退会した後のトラブルで別れることになっても、相談所の関知する域ではなくなるため、このようなトラブルを未然に防ぐためには相手の生活環境や週間、親子関係、食べ物の好みや金銭感覚などを交際期間の早い段階で確認しておくと良いでしょう。
交際が順調に進んでいる段階で結婚相談所を退会する意思を表示した場合は、将来を見据えて結婚相談所で活動する必要性がなくなったという意味で捉えられますから婚約とみなされます。

このようなことから結婚相談所での成婚の定義は一般的な感覚とは少し違っています。

結婚情報サービス、出会い系サイト、婚活サイトなどで気軽な男女の付き合いが可能としているところは、毅然とした成婚の定義がされてないことが多いのです。

成婚料を設けることで、いい加減な付き合いや不謹慎な付き合いを防ぐための抑止力としての作用もあります。

ですから結婚相談所のスタッフからの交際中のサポートや成婚の定義によってガードされるものも、そういったリスク回避のためもあるのです。

結婚相談所の中には成婚料を支払った後に破談になってしまった場合は、成婚料は預かったまま他の会員との成婚まで再度お世話してくれるところもあります。

しかし成婚すれば成婚料が入るものの、結婚相談所側としてはできるだけ会員としていてもらえるほうが会費やイベント費用など都度入る収入が減ります。

会員数が減れば検索される人も減りますし、結婚相談所としては長く会員としていてもらいのちに成婚して成婚料を得るということが最も望ましい形であると言えます。

資料を一括請求をする
一括資料請求
グランプリをチェックする
PICKUP
オーネット
オーネット
ツヴァイ
ツヴァイ
パートナーエージェント
パートナーエージェント
キューピッドクラブ
キューピッドクラブ
ノッツェ
ノッツェ
誠心
誠心
ブライダルネット
ブライダルネット
ブライダルネット・ラウンジメンバーズ
ブライダルネット・ラウンジメンバーズ
恋愛ですね ツヴァイ

結婚相談所って聞くと、お見合いみたいなもので地味な人が多い思ってました。でも、実際には明るく誠実な方...

母が オーネット

パソコン教室に通ってネットを覚えた母が、オーネットに予約をしてしまい促されるまま登録しました。気が進...

キューピッド... キューピッドクラブ

FIT COMで出逢って6ヵ月目に結婚、そして来年初夏にはもう一人家族が増える予定です。こんなに充実...

非会員パーティ... パートナーエージェント

去年パートナーエージェントで旦那様を見つけた従妹から、会員になってみれば?と勧められていましたが、気...

タイトルの通り、僕は子持ち(3才)のバツイチです。 実家が近いので、平日は母に子供の面倒みて貰って...

ページの上部へ